Xi’an

I went to Xi’an (西安), China for four and a half weeks. I taught in the English program for Xi’an Jiaotong University, one of the top ten universities in China. They specialize in science programs. I taught first year students (between 18-20 years old). There were two sessions, each 2 weeks long. Classes were from 9-11:30 a.m., and from 1-3:30 p.m. Each class had about 35-39 students, so in total I taught about 155 Chinese students.

Xi’an is located in the middle of China, and was the capital for over 3,100 years. Xi’an is one of the great capital cities of the world, like Athens, Cairo, and Rome. Xi’an was the capital for over 13 Chinese dynasties, and is a great place to learn about the history of China. There are beautiful museums, temples, shrines, mosques, and parks. Xi’an was also the starting point of the Silk Road, and there are still people selling and buying silk, spices, and other fun things. There is lots of modern shopping too; it is a very multi-cultural and bustling city of over 8 million people!

The most famous thing there is the Terracotta Warriors. A group of farmers who were digging a well found them in 1973. I met one of the farmers at the museum, and shook his hand! That is a definite must-see if you go there. I also saw the Wild Goose Pagoda, Imperial Park, History Museum, Huaqing Hot Springs, went hiking at Huashan mountain, and more. It was a great trip, and I learned so much.

Linguistically, I thought the differences between simplified and traditional characters were interesting. For example, yán 言 means speech. But, it was reduced to two strokes. So, now huà (language) changed from 語 to 语, dìng (to agree, order) changed from訂 to 订, and so on. Some characters were completely changed, like dōng (east) changed from 東 to 东, mén (gate) changed from 門 to 门, and so on. It was sometimes hard to read a menu or a map!
Besides the history and language, the food was very good and cheap. I ate lots of tropical fruit, like mango, papaya, dragonfruit, and many more. The streets and air were clean, and I often used public transportation safely. I hope you have an opportunity to visit Xi’an in the future; it was an exciting, interesting, and fun trip that I will never forget.

‘underwater 2016’ Launch party – June 2016

三カ月に一度の展示替えパーティ。山下ジュンコさんの作品展「underwater 2016」が6月初旬よりスタートしました。それに伴うローンチパーティは、今回もお陰様でステキなパーティになりました。

イマジン語学スタジオで英会話/ヨガを学んでおられる生徒さん達がご家族やご友人を連れて来てくださり、美味しいお料理やワインを囲みながら楽しい会話が弾む時間を過ごすことが出来ました。6月開催ということで、雨は避けられませんでしたが、「水」を思わせる山下ジュンコさんの作品が雨模様にぴったりで、パーティ中にライブで描いてくださったアート作品もそのせいか雨のようにも見え、筆で器用に描かれていく丸が積み重なっていく様子を間近で見る事ができました。美味しいお食事を食べながらアートを楽しめる”イマジンらしい”パーティになりました。

今回のお食事は魚と野菜のみのペスカトリアンスタイルに、ニューヨークで人気のポテトニッシュ(マッシュポテトが入ったパイ)とガーリックノット(ガーリックパン)を特別にご用意いただきました。ニューヨークで人気というだけあり、このパーティでも人気であっという間に完食!

今回、いつもと違う点がひとつ、椅子をなくして立食にしました。椅子があるとそこから動かなくなり同じ人とベッタリ話し込んでしまうことから、思い切って椅子をなくしたところ、私自身もまんべんなく色んな人と話す機会をもつことができました。

ちょっとしたことですが、こういうことは、とても大事だなと思いました。お一人で参加の方もおられるし、ご家族やご友人といらしても他の人と話す場ができ、「社交」を身につけることができます。「英会話」を学んでもコミュニケーション力がないと、いくら難しい単語を知っていても役に立ちません。英語/日本語と言語に関わらず、初めて会う人と簡単に挨拶ができたり、相手の様子を気遣ったり、あまりプリベートなことを突っ込んで聞かないようにする等、相手との距離感を掴んだり、人と人との「間(ま)」を学ぶのにこういうパーティで過ごす時間というのは会話力を鍛えるのにとても有効だと思いました。

最後になりましたが、ご参加くださった方々、今回もワガママなリクエストに応えておしゃれで美味しいお料理を提供してくれた料理家・櫻井絵里子さん、そのお料理に合うワインを選んでくれたソムリエ・本城真矢さん、ニューヨーカーの愛するパン達を提供してくれたウエノイツキくん、初の参加で美味しい珈琲と紅茶を煎れてくださった村上由香里さんに心より感謝し、御礼申し上げます。

次回のパーティは9月初旬。また違ったパーティを開催できるよう企画を練り始めないと。まだ参加された事がない方も是非次のパーティに参加してもらえると嬉しいです。

Pesca-what?

Becoming a pescetarian was one of the best decisions that I’ve ever made at age 20. I have not eaten meat since then except for fish, and I don’t plan to for the rest of my life. You might be wondering, “What is a pescetarian?” Pescetarianism, or pesco-vegetarianism, means being vegetarian while still including seafood in your diet. We cut out (don’t eat) red meat, pork, poultry, etc. from our diet like a vegetarian, but do not cut out fish and other seafood. Some pescetarians continue eating milk and eggs, and some choose not to. It is a personal choice, and each person is different.

Many people ask me “How did you do that? I could never give up meat!” The switch to a pescetarianism diet was actually easy for me. I feel a lot healthier eating this way, have a lot more energy, better skin, and it is easy to maintain a healthy weight. A lot of people don’t realize that over time, your body’s craving for meat disappears, and you will feel sick if you eat meat again.

So here are my top five reasons why many people become pescetarian.

1) Pescetarianism will improve your health.

A pescetarian diet reduces your risk for heart disease and other cardiovascular diseases, stroke, osteoporosis, obesity, diabetes, arthritis, high blood pressure and some types of cancer. According to the Yale College Vegetarian Society, experts say that up to 80 percent of cancer cases are preventable through healthy diets that contain low amounts of fats and oils, and high amounts of fiber ― the typical pescetarian diet.

Processed meat is often covered in pesticides and chemicals that are harmful, and after extended consumption, can be very dangerous, to humans. Every bite of processed meat contains seven cancer-causing pesticides. And here’s a shocking fact, brought to light by David Steinman’s “Living Healthy in a Toxic World“: The primary source of nuclear radiation contamination in humans is from beef and dairy products.

Many people ask me about protein. All of the protein you need can come from fish, many fruits and vegetables, and whole grains. Vegetarian diets supply more than adequate amounts of protein. Also, fish is very low in saturated fat and contains very large quantities of polyunsaturated omega-3 fatty acids, which have been connected to treatments for heart disease, depression, ADD, cancer, cardiovascular disease and diabetes. Another benefit is the healthy amount of iron in fish and seafood. Pescetarians have a lower risk of developing iron deficiency anemia ― a common condition among vegans and vegetarians.

2) Becoming a pescetarian is good for our planet.

The Vegetarian Resource Group reports that one pound of beef requires 2,500 gallons of water, but a pound of soy requires only 250 gallons of water and a pound of wheat requires only 25 gallons. Also, deforestation caused by the need to create space for livestock is tremendous. Every year 20,000 square miles of Amazon rainforest disappear, and 80 percent of that is because of livestock.

The livestock and the fertilizers create waste and toxic emissions. Livestock raised for slaughter produce 130 times the excrement (waste) of the entire human population. Many fertilizers and waster also run into rivers and oceans, and create “dead zones” where sea animals or plants cannot live. The grains and corn that livestock usually eat, could feed the 60 million human beings who die of starvation every year. Nutritionist Jean Mayer says if we reduced our meat consumption by just 10 percent, we could feed another 60 million hungry people.

3) To be against animal cruelty.

Most people know some of what is going on in slaughterhouses and livestock farms. They know that animals are bred and be killed and eaten by humans. But people may not know about the disgusting conditions and inhumane treatment of these animals. Animals are subjected to some pretty terrible living conditions, full of excrement and flies, packed into crates so crowded that they can’t move. They don’t live in natural habits.

Chickens for example are kept in big warehouses in tiny wire cages as big as file cabinets ― packed with about 10 or more chickens. The chickens peck at each other, so their beaks are removed. This is called de-beaking. This is done to each chicken with no painkillers. Their breasts are so heavy from injected growth hormones that they sometimes can’t fly or stand, and their legs are often broken. Many cages have chickens that die from a disease, and other chickens eat the dead body, spreading disease. The treatment of hogs and cows are just as terrible.

“If slaughterhouses had glass walls, everyone would be vegetarian.”
- Paul McCartney

4) We aren’t natural carnivores (meat eaters).

Natural carnivores have claws, pointed front teeth to tear raw flesh, and they sweat through their tongues. Herbivores (plant eaters) and omnivores (meat and plant eaters) don’t have claws, have dull teeth, and sweat through the skin. Carnivores also have short intestines, but herbivores and omnivores have intestines that are several times their body length. Human intestines are about 25 feet long.

Fish are digested much, much quicker than red meat. Fish and seafood have omega-3 fatty acids DHA and EPA, which are necessary in the diet of a human being. However I still recommend you avoid fish that come from fish farms, and try to consume only wild fish from the sea or rivers. Then, you get omega-3 acids in the purest and healthiest form, and also reduce your risk of consuming sick fish that may be packed with chemicals from fish farms.

5) Vegetarian and pescetarian diets are easier to follow than a vegan diet.

There are many types of vegetarians, and they all are trying to improve their health, be anti-animal cruelty, and take care of our planet. Some types of vegetarians, called vegans, are very strict. Vegans cut out all animal products from their diet and lifestyle, including leather, honey, gelatin, white sugar, and so on. Even though vegan diets might be the best for health and Earth, they take a lot of planning and time, and can be difficult at social events. Vegan diets are very difficult and strict, so many people choose to be vegetarian or pescetarian instead. It is easy to find vegetable and seafood options in most restaurants!

Allow me to introduce myself…

Hello everyone, my name is Nicky and I’m from New York City, just like Chris! New York City has five boroughs, he is from Brooklyn borough and I am from Queens borough. It is a very interesting, diverse, expensive place to grow up. If you have any questions about NYC, please ask!

I came to Japan in 2005, and lived in Osaka for two years, Kyoto for two years, then back to Osaka where I live now. Osaka is a great place to live, and Ashiya seems very interesting too!

In my free time, I enjoy reading, watching movies, doing yoga, and traveling. Besides Japan, I have been to over 11 countries. But, Japan is by far my favorite. I love Japanese art, books, fashion, food, sake, craft beer, technology, and lifestyle. My second favorite country is Cambodia, the people, food, historical buildings, and nature are spectacular. I volunteered there for two weeks, and I will never forget it.

I’m looking forward to meeting and chatting with you at imagine*!

‘〜はるかなる宇宙と未来へ〜 to the cosmos and future far away’ Launch party – March 2016

遡る事10年前、大阪のギャラリー CASO で、友人が参加していたグループ展を見に行ったことがあるのですが、その展覧会で展示されていた岩澤有徑さんの雲の作品が印象に残っていて、急にその作品のことを思い出し、展示をお願いしたいと思い立ちました。岩澤有徑さんは、国内に限らず海外でも展覧会を開かれ、多岐に渡り活躍されている現代美術作家さんです。私自身、全く面識がなかったため、友人を介して連絡してもらい、今回イマジンでの展示が実現しました。

今回開催いただくことになった「~はるかなる宇宙と未来へ~」と題した展示に合わせ、甘空・池尻彩子さんにオープニングのパーティ料理をご用意頂きました。イマジン語学スタジオ8周年の「8」にかけて、「ハチミツ」を使ったお料理もリクエストしました。春らしい色合いのお料理と共にミモザがテーブルに飾りつけられ、「響」という名の蜂蜜をふんだんに使ったお料理がたくさん並び、まるでひとつのアート作品のようでした。

春キャベツのコールスロー、菜花の手毬寿司、タスマニアンマスタードと響のローストポーク、女王蜂「響」のミニロールケーキ、「響」のマカロン、文旦と「響」のマチェドニア…… ナチュラルな春色のカラフルな食材がセンスよくならび、いつもながら目にも楽しいお料理を『食べるもったいないなぁ』なんて話しながらも、美味し過ぎるので結局食べ過ぎてしまいました。ソムリエ・本城真矢さんにセレクトしてもらった蜂蜜を使ったお料理に合うワインも大好評でした。

パーティ半ばでは、岩澤有徑さんご自身の作品と現代美術についてレクチャーをいただき、美術についても学べる時間を持つことができました。プロジェクターに映し出された岩澤さんのクラゲの映像作品がなんとも印象的でした。

岩澤さんをはじめ、今回もパーティに協力してくれた関係者各位、参加してくださった生徒さん達、そのご家族・ご友人の方々へ感謝です。

また次回のイマジン語学スタジオでの展示並びにパーティをどうぞお楽しみに。

Saint Patrick’s Day

March 17th, or as it is known in many countries around the world, Saint Patrick’s Day, is the most important national holiday in Ireland. It is a day when the whole country celebrates simply being Irish, and the rich culture and heritage of Ireland.

Dublin Paddy’s Day 2009

The day is named after Saint Patrick, who brought Christianity to the island in the 5th century – over 1,500 years ago! For hundreds of years he has been celebrated ever since, and he is the “patron saint” of Ireland. (A “patron saint” is the national saint chosen by each Christian country; for example, Saint George in England, or Saint Andrew in Scotland.)

Today, people wear green – the national colour – and old Irish costumes along with modern versions of saints and leprechauns. Large folk dances are held in some areas, called “céili” (in the Irish language, “Gaelic”) and traditional music can be heard on the streets and in the pubs and parks around the country.

Guinness Storehouse St. Patrick’s Day Sign

The most important event is usually the St. Patrick’s Day parade, where you can see and hear all of these things and more, with music, dance, acrobats and costumes from Ireland and other countries where the Irish live in large numbers. The largest parade in Ireland is held in my home city of Dublin, and attracts hundreds of thousands of people every year and is broadcast live on TV for hours. (The smallest parade is in a small town in Cork, and is only 23 metres long!) Nowadays, the St. Patrick’s Day “Festival” takes almost a week and there are many events around the city.


Parades can be found in cities around the world – the biggest is not in Ireland, but in New York. In fact, the St. Patrick’s Day parade there is the oldest parade in the world! In London, Sydney, Chicago, Paris, Moscow, Beijing, Rio de Janeiro and Buenos Aires you can find parades too, along with many smaller cities worldwide.

Sydney Opera House St. Patrick’s Day 2010

Chicago River Dyed Green St. Patrick’s Day

New York City St. Patrick’s Day

Yes, even in Japan you can find them – there has been a parade every year in Tokyo since 1992, and there are smaller events in Kumamoto and Osaka too.

Traditionally, the head of the Irish government is invited to the White House in Washington to be presented with a bowl of “shamrock” by the President of the US. St. Patrick’s Day is a time to share with your friends and family, both near and far.

Doing yoga in India was heaven for me.

ヨガをするためにインドに旅行へ行ったわけではないのに、ヨガをするハメになってしまった今回のインド旅行。3度目に訪れたインドの旅は過酷なものでした。

初日、チェンナイから国内線でインド南西部へ移動、紅茶ニルギリで有名な茶畑のある山を5時間掛けて車(もちろん運転は現地のドライバー)で越え、宿泊地へ向かいました。その宿泊したコテージで体調を崩していしまい、何も食べる事ができず3日間で急激に3キロも痩せてしまいました。今までにない不調に混乱し、意識も朦朧としてフラフラな状態で4日目、チェンナイに戻りました。チャンナイに予約していたホテルは、田舎のコテージとは打って変わって5つ星ホテル。ホテル内は、インドの街並からは一辺、綺麗でクリーンでまるで別世界。コンシェルジュは完璧で全ての要望に即座に応えてくれ、もちろん部屋にはバスタブがあり、アメニティもひとしきり揃っていて、ふかふかのベッドへ横たわった時に、天国へ来たような気分になりました。
長年ヨガをしているのだから、インドでヨガをしたらいいのに、と旅行前に言われることも多かったのですが、アシュラム(ヨガ道場)は最低でも3週間~1ヶ月間以上学ぶ人しか受け入れてもらえないと聞いていたので、今回の旅でも折角のインドですが、インドでヨガをするという計画は頭にありませんでした。それが、こんな体調不良になってしまったため、とりあえずヨガで身体を動かして生気を取り戻したいと強く思い、すがるようにホテル内で受講できるヨガを前日に予約。インドの物価から考えても、プライベードレッスンとはいえ、1レッスン3000円は結構高いな、なんて不満に思いながらも、特に期待もせず申込みました。

やっと十分な睡眠を取れ、翌朝、ヨガへ。まずは、受付で問診票に記入。先生が親身に私の体調不良について耳を傾けてくださいました。前日の予約時に対応してくれたのが男性だったので、男性の先生と思い込んでいましたが、笑顔のステキな女性の先生。先生に連れられヨガルームに向かうと、マンゴーの木が見える小さな部屋へ案内されました。

鳥のさえずりや動物の鳴き声が聴こえ、黄色の花が飾られ、焚かれていたエッセンシャルオイルの香りに癒され、ヨガマットの上には赤いバラの花びら、バジルとレモンを絞った中にインドのお砂糖 Jaggery(ジャグリー)で少し甘みが加えられたホットティーは、何も食べられなかった身体に隅々まで浸透していき、全身を温めてくれました。さすが5つ星ホテル。パフォーマンスも完璧です。90分間のレッスンのうち、30分近くはカウンセリング、心が開放され、先生が唄う生のマントラでヨガレッスンが始まりました。先生の言われる通り呼吸に集中し、ただひたすらアサナ(ポーズ)を取りながら身体を動かしました。少しずつ体調が回復していく実感があり、自分の内蔵が正常に機能していく感覚を覚えました。レッスン終了後、あまりの気持ちよさ、心地よさに感動しました。

受講前にヨガレッスンのスタイルを事細かく要望して用意頂いたメニューでもないのに、私がまさに望んでいたレッスンを私の体調を考慮しその場で組み立ててくださった先生に心から感謝しました。私の人生において、運が良い事として自信を持って言えることは、いつでもどんな場所でも素晴らしい出会いがあり、人に助けてもらえることだと自負していますが、今回それを確信したまでです。Sarika 先生に「Namaste(ありがとう)」を何度も伝えました。そのホテルでの滞在2日間で計3レッスンも、Sarika 先生のレッスンを受講し、今回のインドの旅が終了しました。

インドへの恐怖心がなくなっていた3度目のインドの旅で、本当のインドの恐ろしさを知らされ、地獄をみた後に救ってくれたのは本場のインドのヨガ。インドという国を訪れる事自体、ヨガの修行なんて言われますが、まさにその通りでした。
そんな散々な旅でしたが、こんなトラブルに遭った時や先生と会話ができ、英語でヨガを受講した際に、英会話を勉強しておいて良かったなと心底思いました。ヨガも毎週とはいえ、長年受講してきたことで、どのアサナにも難なくトライでき、心地よさを実感できたのは、継続の力かなと思います。
さらにヨガについて追求して行きたいと思うようになり、旅から戻った今も、Sarika 先生とメールで連絡を取り合っています。また先生のヨガを受けられる日を夢見て、日々精進しなくては!

‘ストーブ’ Launch party – December 2015

makomo(マコモ)さんの展示「ストーブ」が、2015年12月より始まりました。ローンチパーティは12月ということもあって、クリスマスパーティも兼ねて開催しました。

英会話・ヨガに通ってくださっている生徒さんや、生徒さんのご家族もたくさんご参加くださいました。普段マンツーマンスタイルで英会話レッスンを受講されている方の参加も多く、他の生徒さんと話す機会もないことから、皆さんこのパーティが交流の場となって、初対面同士でも会話が弾んでいました。英会話上達についての悩みをお互いに話し合ったり、お料理について話したり、勇気を出して先生と英語で話してみたり。女性おひとりでの参加の方も、美味しいお料理やワインがあれば、初対面でも気軽に話すことができるものですね。


お料理は、昨年好評だったターキーに加えて、アメリカ出身の英会話講師 Chris の家庭で、毎年のクリスマスにお母さんが焼くパンプキンパイを、料理家・櫻井絵里子さんに再現してもらいました。コンデンスミルクにスパイスの効いたパンプキンパイを、トースターで温め直して紅茶と一緒にいただきました。食べた経験のないこのパンプキンパイをできるかぎり Chris の家庭に近づけるため、櫻井さんは何度も試作を重ねてくださり、MUSICA(ムジカ)さんの紅茶とも相性抜群でした。

MUSICA さんからはパーティ用にとポットを貸していただいたり、紅茶の煎れ方も、事前に社長さん自ら直接ご指導いただいておりました。お料理に合うワインはソムリエの本城真矢さんのセレクトで、ターキーにぴったりのワインを味わえられました。携わってくださった方々のお陰で素敵なパーティとなりました。本当にありがとうございます。

makomo さんの作品も好評で、オリジナルの冊子は既に完売してしまったものもあり、大人女子、子供からも大人気です。レッスンが始まるまでの待ち時間に、絵本のサンプルを楽しんで読んでいただいている方も多いです。makomo さんの作品は2016年2月末までの展示予定で、作品見学※にお越しいただくだけでもお気軽にお立ち寄りください。

※展示「ストーブ」は、水曜~日曜日の11~18時にご見学いただけます。英会話レッスン中で、ご見学いただけない時間もございますので、遠方よりお越しの方は、是非事前にご連絡ください。年末年始は2015年12月21日~2016年1月5日まで、休暇のためお休みとなります。ご了承ください。

次回は2016年3月初旬に展示替えパーティを予定しています。また、ご参加いただけると幸いです。

‘宇宙ノ庭デ マタ会フ日マデ’ Launch party – September 2015

イマジン語学スタジオにて30人目となる展示作家さん。小野さや香さんの作品展示「宇宙ノ庭デ マタ会フ日マデ」が始まりました。小野さんは、アーティスト兼アートセラピスト。絵の展示だけでなく言葉も綴っておられます。絵の作品には金箔が多く使われていて、見る角度や光の陰影によって見え方が変わります。色合いがやわらかで心癒される展示となりました。

小野さや香さんは、「心=創造力=生命力」その真理と仕組みを追究され作品を作られています。この展示のローンチパーティのお料理を担当してくださった櫻井絵里子さんに「生命力」というキーワードからメニューを組み立てていただきました。そこから発想されたのは、種・ナッツ・根菜・玄米・スパイスなどの食材。

パーティ当日は雨にも関わらず、たくさんの方にお越し頂き、美味しく生命力溢れるお料理をいただきました。パーティが始まってしばらくして、小野さんがご自身の作品や今回の展示についてご説明くださいました。作品の中でクラゲのように見えるものがあり、「クラゲですか?」という質問が多いことをお伝えしたところ、「クラゲ」ではなく「ある生命体」であるという説明をしてくださり、作品に込められている想いを語っていただきました。ただ絵を拝見するだけでなく作家さん自身の想いを直接伺ってから見ると、また違った風に見えてくることを実感させられました。今回もたくさんの方がパーティにご参加くださいましたが、小野さんのご友人の中には、京都からわざわざお越しくださった方も多く、この場を借りてご参加くださった方へ御礼申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。

この展示は2015年11月29日までご覧いただけます。次回は2015年12月6日に次回展示のローンチパーティを行う予定です。次回は、季節柄クリスマスパーティになる予定です。

Catching up with my friends!

今回の旅の目的は、フランス・パリに住んでいる友人とイギリス・ロンドン在住の友人に会うこと。遠くに住んでいるとなかなか会えない分、遠い所へ会いに行くのは、想像以上にワクワクするものです。まるでパリ住人のような気分に浸りたいとパリで1週間アパートを借りました。

ここのところ国内旅行でもホテルに滞在せずバンガローやコテージを借りることが多いのですが、いつも困るのは朝食用のパン。旅先の慣れない土地で美味しいパン屋さんに巡り会う事は難しいですが、パリではそんな心配は無用でした。8月のバカンス時期とはいえ、パン屋さんも多く開いており、クロワッサン、クロックムッシュ、バケットなど迷って困る程に美味しいパンが溢れていました。アパートの場所は、Bastille(バスティーユ)というマレ地区近くで、地下鉄 Bastille 駅から徒歩5分圏内。どこへ行くにも便利な場所でした。パリらしい中庭のある小さなアパートは、ホテルより気ままで自由で居心地の良いものでした。

パリに着いた翌日に友人宅へ招いてもらったので、翌朝出ていた近くのマルシェ(市場)でお花を買い、夕食へいそいそと出掛けました。友人は日本人で、日本帰国の際に頻繁に会っていますが、パリで会うのは12年ぶりでした。とてもステキなご自宅にお邪魔させてもらい、パリ生活を満喫している様子を拝見できました。憧れるばかりです。夜景に浮かぶエッフェル塔が窓から見え、本当に美しく感動的でした。お食事には、生ハム+メロン、ズッキーニのキッシュ、フォアグラ、チーズなどなどフランスワインと一緒にいただき贅沢な時間を過ごしました。

パリ滞在中は、エッフェル塔、ヴェルサイユ宮殿、オルセー美術館へ訪れたり、アパート近くのスーパーで食材を買ったり、サントノーレ通りでチョコレート店やマイユ専門店を覗いたり、セーヌ川を眺めたり、ヴォージュ広場へ行ってみたりとフランス映画でもよく出て来るシーンを実際に目で見て肌で感じ夜9時頃まで明るいヨーロッパの夏を楽しみました。

その滞在中にユーロスターで1日だけロンドンを往復しました。イマジン語学スタジオを一緒に立ち上げたイギリス人夫妻の Ed と Becca に会うためです。

朝早くからユーロスターに乗ってパリからロンドンへ。ずっとトンネルの中を走るものと思っていたら外の景色を見る時間も長く、フランスとイギリスの田舎町をぼーっと眺めていたらあっという間にロンドンへ着きました。ロンドンに着いたのが朝10時前、待ち合わせの13時までどう時間を過ごそうか悩んだあげく、とりあえず Camden Town へ地下鉄で向かいました。電車に乗ったら工事中のため Camden Town 駅が閉鎖されていると放送があり、止まる事なく通り過ぎ、、、仕方なく次の駅で下車。時間が早いせいかまだお店も開いておらず時間を持ち余していたところ通称「 ボリス・バイク」と呼ばれているレンタル自転車を発見!天気も良かったので、これで時間を潰す事に。

どれ位の距離か全く分からない中、ハイドバークを目指してオックスフォードストリートをガンガン走り抜けました。自転車はバス通りと同じため二階建てバスやタクシーに挟まれながら走ります。無事ハイドバークへ到着し、公園を1周した後、King’s Cross 駅に自転車で戻りました。待ち合わせ時間ギリギリに到着!

3時間ほど自転車を乗り回した話をしたら、3年ぶりに会った Becca に「 You are crazy! 」と言われてしまいました(笑 3年ぶりとは思えない程二人とも変わらず( Ed の髭は長かったけれど)再会に喜びました。二人の子供 Henry が6才の誕生日を迎える直前で、英語を(当たり前ですが)流暢に話している様子を見て確かに3年経ったんだなと確信しました。

楽しい時間は本当にあっという間に過ぎ、またユーロスターでパリに戻り、翌日に帰国。あっという間の1週間が過ぎました。友達に会うという旅は、本当に会えるのだろうかという不安も含めてドキドキワクワクしましたが、会えた時は本当に感動しました。自然にハグしてしまいました。

帰りのエールフランスの機内で流れる「機内安全ビデオ」の可愛さに思わず見とれて全部見てしまい、どの映画よりも印象的だったのが、今回のパリ&1日ロンドンの旅の締めくくりとなりました。

機内安全ビデオ(YouTube):
Nouvelle vidéo démonstration de sécurité Air France / New Air France safety demonstration video

次はいつ会えるのか、どこで会えるのか未定ですが、また会える日が楽しみでなりません。